美容

野菜だけではダメだった!美容には赤い肉がいいという話

食に美容がからむと興味が出るメモる子です。

「お肉がお肌にいいなんて聞いたことない!」と思われるかもしれませんが、加工肉は別として赤いお肉は食べた方がいいそう!食べた物で体はできているから食を重視しないと、きれいな肌も生まれないと思う。

きれいな肌になりたいなら赤い肉を食べる

赤いお肉が美容にいいという話

「サラダだけにしよう」とか、「お昼は一人だし作るの面倒だからお茶漬けていいや」とか野菜だけとか、炭水化物だけのような食生活をしていたら、いくらいい化粧品をつかっても肌はボロボロになるそう。

しっかりした強い皮膚をつくるには、動物性たんぱく質が必要になる。

  • お肌のキメをつくる表皮の大部分のケラチンは、硫黄を含んだタンパク質からできている
  • ハリを出す真皮のコラーゲンやエラスチンもタンパク質が材料
  • しっかりしたコラーゲンをつくるにはタンパク質だけでなく、鉄とビタミンCが必要
  • 表皮の保湿を担う天然保湿因子はタンパク質の原料であるアミノ酸からできている
  • お肌を守ってくれて保湿に重要なセラミドをたくさんつくるには、コレステロールも必要。
  • 真皮の保湿を担ってくれるコンドロイチン硫酸には、硫黄とタンパク質とビタミンBが必要。
  • 皮膚の細胞を増やすのに亜鉛が必要。
  • ターンオーバーをうながすためには、ビタミンDとビタミンAが必要。

きれいな肌を保つためにはこんなにもたくさんの栄養素が必要。

「タンパク質」「鉄」「ビタミンB」をとれるのが赤いお肉
「亜鉛」「ビタミンA」「ビタミンD」などの他の栄養素も含んで効率が良い!

あらゆる臓器や細胞がタンパク質からできています。
生きるのに必要な臓器、心臓・腎臓・肝臓などから先に栄養を補充するので、皮膚や髪の毛など女性が大切にしている部分は後回し!
女性であれば「真っ先に肌に栄養が欲しい!」と考えると思いますが、栄養が足りなければ後回しで、その後も栄養が入らなければいつまでたっても肌には栄養がまわらない。

皮膚があれる、かゆい、ひりひりする、赤い、くすんでいる、髪の毛が減った、細くなった、よく抜けるこれらは栄養が足りていない体からのサインなんだとか。

赤いお肉でとれない栄養素はビタミンCと食物繊維くらい。

今日は、簡単に済ませてしまうお昼に赤いお肉(豚ヒレ肉)を食べました。この本を読み返してみて、時間が経つとタンパク質の足りない食生活に戻りがちだと感じました。気を付けて赤い肉も野菜もモリモリ食べます(笑)

今回の内容はきれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさいを参考に書いたものになります。本には、どんな栄養が足りていないかもチェックできるようになっていて、どんなお肉をどのくらい食べればいいのかなどすぐ実践できる内容になっています。

他にも本には・・・

  • 玄米菜食、野菜中心ではコラーゲンは作れない
  • 美肌の条件
  • 美肌のための上手な糖質制限の方法
  • 野菜や果物は飲まない

など女性が気になる内容を解説されている本となっています。著者は皮膚科の先生なので、スキンケアや紫外線対策もこの本から学ぶことができます!

赤いお肉を食べて、正しいスキンケアをするだけで、どんな肌質であっても何歳からでもツヤツヤで美しい肌を手に入れることができるのです。(本より抜粋)

美容についてスキンケアだけでなく食にも言及されているおすすめの本になります。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA