整理整頓

きれいに片付いた部屋になる4つのPOINT

「きれいに整った部屋に憧れる」
「いつも片づけているのに、なぜか部屋が散らかっている」
「ああ、きれいな部屋でくつろぎたい」
「部屋が片付いたら友達を呼べるのに」

どうすれば、きれいな部屋を保てるのだろう??

きれいに片付いた部屋になる4つのPOINT

1.いらない物を捨ててスペースをつくる

いざ「片付けよう!」と思っても物が多すぎると「どこから手をつけていいのかわからない」「たくさんの物を目にしたらやる気がなくなった」という経験はありませんか?
仕舞う場所がなくて、ぎゅうぎゅうに詰め込んだりしていませんか?

全てが納まるようにあれこれ配置をかえていると、どんどん物は増えいきます。
物が増える片付けのハードルが上がります。
奥の物を取り出すにも、手前の物を出してからになりますし、いったん出してしまうと物の多さに負けて「また後で直すことにしよう」と思いさらに散らかる。
使うかもしれないという思いは捨てて一度も使っていない物は捨てましょう

まずは全ての物をゆったり仕舞えるスペースをつくることから!

2.物の配置を決める

物を捨ててすっきりさせたら、全ての物の位置を決めましょう。
戻す場所を決めて、使ったら戻すようにする
戻すという作業も扉を開ける→引き出しを出す→その中の箱に入れるなど手間が多いと後回しになります。
扉を開けて置くくらいで仕舞えるようにすると、戻すという作業がぐっと楽になります。

3.表には物を出さないようにする

片づけても片付いたように見えないのは、表に出ている物が多いか部屋全体を見たとき色が多いことが原因です。

飾りたい物以外は扉の中や引き出しの中に収納する
飾りたい物だけ表に出すようにする

よく使うので出しておきたい物は、インテリアに合うような色やデザインの物にする

洗剤であれば素敵なボトルに詰め替えたり、詰め替えが面倒な方はボトルのデザインが素敵な物を選ぶといいですね。

洗剤の詰め替えボトル700㎖3本セットはこちら
メモリが見えにくいけどお洒落で出していてもさまになる
ボトル用専用ラベルはこちら

詰め替えスプレーボトル500㎖はこちら

4.買いだめはほどほどに

「今日は安売りの日だから買っておこう」「ストックがないかもしれないので買っておこう」とやっていると、どんどんストックが増えていきます。

ストックに場所をとられて、新しく入ってきた物の置く場所がないなんてことも。
食品だとストックしている間にどんどん古くなっていくわけです。
日用品などのストック場所は決めておく。
食品はストックせずに無くなってから新しい物を買うことで新鮮なものを食べてられます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA